30週6日 コロナワクチン2回目

新型コロナワクチン(モデルナ)2回目接種後の副反応

副反応が表れるまでの時間

今日は朝4時過ぎに目が覚めてもう寝られそうになかったので、子どもたちが寝ている間に1人の時間を作ることができた。

読書したりストレッチしたり一通りした後、旦那さんも起きてジョギングに行ったので、帰ってきてから変わってもらって私もウォーキングに出かけた。

子どもたちが出来てから早起きしてウォーキングなんて初めてだったので、とても気持ちが良かった。

その後帰ったら子どもたちも起きていて駆け寄ってきてくれた。

朝からスッキリした気分になれたけど、今日は10時15分から新型コロナウイルスのワクチン2回目の接種があった。

周りからいろいろな話を聞いていたし、2回目のワクチンのあとは熱が出たりかなり副反応が出ると聞いていたので何日も前から不安だった。

集団接種会場での予約だったので、9時半頃に家を出て家族4人で出かけた。

接種会場には子どもたちを預かってくれるキッズスペースも用意してくれていたので、先に子どもたちをキッズスペースで預かってもらって接種会場に向かった。

2回目の摂取もスムーズに終わって帰ってからお昼ご飯を食べて、旦那さんが先に子どもたちを公園に虫取りに連れて行ってくれていたので、後から私も向かった。

少し前まではバッタやちょうちょがたくさんいたのに、この数日の間にほとんどいなくなっていた。

夕方になって家に帰ってからも摂取した腕は痛かったけど、何も変わりはなかった。

夜もいつも通り子どもたちと一緒に21時には布団に入ってすぐに寝付いた。

22時過ぎに旦那さんの携帯に私の母から電話があった。

休み前だし寝ていると思っていなかったようで、ワクチン2回目で異常がないか心配してかけてくれた。

特に変わったこともないし大丈夫と伝えてもう一度寝た。

ついに発熱

何事も履く過ごせると思っていたけど、夜中に目が覚めて体のあちこちが痛かった。

妊娠後期で腰などは常に痛いし、ワクチンのせいかははっきり分からなかったけど、旦那さんも同じようにしんどくなって目が覚めたようだった。

2人とも熱を測ると37.5度ほどの微熱だった。

その後も少し寝ては目が覚めての繰り返しで、目が覚めるたびに旦那さんも同じように目が覚めていた。

夜中になって私も旦那さんも38度くらいまで熱が上がってきた。

体の痛さとだるさで2人ともねむれず、旦那さんはロキソニンを飲むことになった。

私は妊娠中でロキソニンは飲めないので、カロナールを朝6時頃に飲んだ。

その後はとても暑くなってたくさん汗をかいたお陰で熱も下がった。

子どもたちも起きたので、朝食などの用意をしていたけど、体のしんどさがひどくてソファーで横になってしばらくまた寝ていた。

旦那さんは熱が下がってとても元気になったようで10時半頃から千早にある実家に子どもたちを連れて行くからゆっくりねと言ってくれた。

でも旦那さんも薬が効いているだけなのかも知れないし、またしんどくなるんじゃないかと心配だった。

私はお昼頃からまた38.5度くらいの熱が出てもう一度薬を飲んだけど、旦那さんは大丈夫そうだった。

夕方6時頃に旦那さんと子どもたちは無事に帰ってきてくれたのでホッとしたけど、旦那さんもやっぱりしんどかったみたいで、寝る前にまた38度くらいまで熱が上がっていた。

もう一度、2人とも薬を飲んですぐに寝たら、次の日の朝には2人ともすっかり元気になっていた。

でもやっぱり丸1日は熱でしんどい思いをしたし、できればもうワクチンは打ちたくないなと思った。

みなさんはワクチン接種後は無理をせずにゆっくりされることをお勧めいたします(^^)

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

妊娠30周4日